xotic wines(エキゾチック・ワインズ)はワインのセレクトショップです。独自の視点からセレクトするのは、日本のトップ・ワインプロフェッショナル約50名。総監修は、2017年にWorld's 50 Best Sommeliersに選出されたSeju Yangが務めます。
 
 

Robert Denogent / Pouilly-Fuissé V.V. Cuvée Claude Denogent

7,480

↑ ↓

残りあと4個
生産者:Robert Denogent / ロベール・ドゥノジャン
ワイン名:Pouilly-Fuissé V.V. Cuvée Claude Denogent “Les Cras” / プイィ=フュッセ V.V. キュヴェ クロード・ドゥノジャン “レ・クラ”
葡萄品種:Chardonnay / シャルドネ
ワインタイプ:白ワイン
生産国:フランス
生産地:Bourgogne / ブルゴーニュ
ヴィンテージ:2017
インポーター:Racines 
 
ブルゴーニュが大好き!!
はい、私もそうです。
 
でも最近のブルゴーニュ高過ぎる!!
はい、同感です。
 
しかし、そうそう簡単に諦められるほど、私のブルゴーニュへの情熱は脆くありません。
確かにブルゴーニュの本丸たるコート・ドールから、手の届きやすい価格帯で、優れたワインを探すのは至難になっています。
 
一方、マコンやコート・シャロネーズといったブルゴーニュの「その他」扱いされている産地には、コストパフォーマンスに優れたワインが多いのも事実ではありますが、美味しいけどどうも味わいが垢抜けないというか、良くも悪くも田舎っぽいワインが多いというか。
 
長年、ついぞマコンやコート・シャロネーズがブルゴーニュファンに「ブルゴーニュ」扱いされて来なかったのには、理由があると思います。
 
「気品」だからです。ブルゴーニュの愛好家が求めているものは。
 
この造り手、ロベール・ドゥノジャン。
まさに、伝統派、しかも頑ななタイプです。
当たり前のようにビオロジック栽培をし、当たり前のように醸造時にあれこれといじり倒さない。
 
現代人のせっかちさとは無縁の境地にいる彼が生み出すワインは、まるで魔法がかかったかのような輝きを放ち、重厚なミネラルが全速力のダンプカーのように豪快に疾走していきます。
 
正直に申し上げます。
 
ドゥノジャン最高峰のワインであるこちらのLes Crasと、コート・ドールの偉大な一級畑や特級畑(価格は何倍もする)のワインをブラインド・テイスティングしたら、私には正解する自信がありません。
 
 
Selected by Seju Yang 
 

Selected by Yang Seju.

<ソムリエプロフィール>
梁 世柱 / Seju Yang
La Mer Inc. CEO

1983年大阪生まれ。2003年にNYに移住後、様々なレストランにてソムリエとして研鑽を積む。
2011年starchefs.comよりRising Star NYC Sommelier Award受賞。
2012年Zagat SurveyよりZagat 30 under 30 NYC Sommelier Award受賞。
同年、Wine Enthusiast紙より、America’s 100 Best Wine Restaurant Award受賞。
世界最大のソムリエ激戦地での連続受賞は日本出身のソムリエとして唯一の快挙となった。
2012年に日本帰国後は、ミシュランガイド三ッ星店も含め、都内のレストランでシェフ・ソムリエを歴任。
2017年、オーストラリアにて開催されたSomms of the Worldに、World’s 50 Best Sommeliersの一員として招聘。
2018年、La Mer Inc.設立。代表取締役社長兼CEOに就任。
ワインジャーナリストとしてワイン専門誌に多数寄稿。