xotic wines(エキゾチック・ワインズ)はワインのセレクトショップです。独自の視点からセレクトするのは、日本のトップ・ワインプロフェッショナル約50名。総監修は、2017年にWorld's 50 Best Sommeliersに選出されたSeju Yangが務めます。
 
 

混植混醸ワインに相乗した新たなレイヤーが極上!ポルトガルがアツい!Arribas / Raiola

5,500
(0point)

↑ ↓

売り切れ

SOLD OUT

Arribas / Raiola

生産者:Arribas / アッリバス
ワイン名:Raiola / ライオラ
葡萄品種:地場品種の混植混醸、黒葡萄約70%
ワインタイプ:赤ワイン
生産国:ポルトガル
生産地:Trás-os-Montes / トラス=オス=モンテス
ヴィンテージ:2019
インポーター:Racines

ポルトガルは、長らくノーマークだった。
どうも、垢抜けない印象をもっていたからだ。

しかし、時代が巡り、ポルトガルが持て余してきた混植の古樹の葡萄畑が、世界最先端と言っても過言では無いほどに、注目を集めている。

白葡萄も混植された畑の葡萄をそのままワインにすると、色調が淡く、酸が強く、アルコール濃度の低いワインになる。

一昔前、ワインに力強さが求められた時代には、不遇な扱いを受け続けるしかなかった。

現代は、多様性が重視され、ライトなタッチが好まれるようになった。

混植混醸。それは葡萄の多様性が最もナチュラルに反映され、自然とライトになる。
まさに時代が求める味わいが、その畑に宿っていたのだ。

花畑とブルーベリーを思わせるアロマ。ジューシーで濃密な果実味が、ふわりとしたテクスチャーに込められている。優しさと力強さが同居した、見事な複雑性。

ついに、ポルトガルの時代がやってきた。